調味料(アミノ酸等)が含まれていないブイヨンを使いたい!慣れると美味しいスープが作れます!

市販のブイヨンの成分を見ていると、調味料(アミノ酸等)が入っている商品が多くて泣きそうになる私。

調味料(アミノ酸等)とは、別名、L-グルタミン酸酸類のこと。

アメリカでは「摂取しすぎると頭痛や発汗、体のしびれ、めまいといった症状がでる」と警告されている食品添加物なんです。

もちろん、日本では問題ないとされている添加物ではあるのですが、「家族には、なるべく安心なものを食べてもらいたい!」と頑張ってまして。

でも、料理が下手だから、ブイヨンも使わせて欲しい(心の叫び)!

そんな私が、結構な頻度で頼っているブイヨンの一つが、こちら。

野菜のブイヨン!

本当は塩が入っていないタイプが欲しかったのですが、売り切れておりました。

こちらは、塩が43%と、結構、塩辛いのが難点。

でも、慣れてきて、味の調節がうまくできると、大満足な一品が仕上がるようになってきたのでご紹介いたします(*´∇`*)

タップできる もくじ

Rapunzelの野菜ブイヨンの特徴

Rapunzelは、1974年に、ドイツのバイエルン州アウクスブルクにある農場で、自給自足な生活を始めたのがきっかけで大きくなったブランド。

手に持った画像

化学肥料や農薬を使わない商品を550種類以上の商品を販売していますが、iHerbでは、主にブイヨンのみを取り扱っています。

内容量8キューブ入り。1キューブ約10gです。

箱から出した画像

周りの袋はアルミ?銀紙?

冬は割と固まってキューブ状で届きますが、夏場に購入すると、原料のパームオイルが少し溶けて、ベタベタすることもあるのが、難点。

手に乗せた画像

私は自然現象かなと思い、問題なく使っていますが、気になる方は、粉タイプを購入するのも手かも。
箱には、「1キューブを2カップの沸騰したお湯に溶かしてお使い下さい。」と書かれていました。

塩辛い!でも、味が決まるととても美味しい!

このブイヨンは、指で強めに押すと、グニャーッと曲がるくらいの柔らかさ。

日本のブイヨンに比べると、大きいので、半分に切ることがあるのですが、簡単に切れます。

ブイヨンの画像

香りは、ほんと、濃厚な野菜スープって感じ。

味は、塩分がかなり強め。

我が家はよく、ストウブ(ピコ ココット ラウンド)24cmで、野菜や手作りベーコンなどをいれ、スープを作っています。

この鍋は、野菜の味わいをじっくりと出してくれるので、料理下手な私でも、きちんと素材の味がするスープが作れる優れもの。

だからなのか、内容量の43%が塩であるブイヨンを入れると、「しょっからい!」ってなることが多いんです・・。

ブイヨンの画像

我が家は薄味派なので、約3カップか、野菜スープなら4カップで一粒がちょうどいい感じ。

ブイヨンの原料は、人参、玉ねぎ、セロリ、メイス。パセリ、ウコン。

わずかに黄色がかった、透明なスープができます。

味は、ゴロゴロ野菜を、何時間もコトコト煮出して作ったような、優しい味わい。

ただ、市販されている日本のコンソメやブイヨンを想像していると、「なんか違う・・?」と思うかと。

調味料(アミノ酸等)が入っている、あの旨味ブイヨンではないんです。

本当、シンプルな野菜と塩の味。

でもこれが美味しい!

全体的なブイヨンの濃さがきちんと決まると、スープ苦手な子供たちも、野菜ごと、がぶがぶ飲んでくれます♡

原料

海洋塩43%、有機非水素化パーム油、酵母エキス、有機玉ねぎ1.6%、有機ニンジン1.3%、有機セロリ0.9%、有機メイス、オーガニックパセリ、オーガニックウコン。 70.2%の有機成分。 IMO、CH-BIO-004によって有機認証済み。

suzu*考

最初は、塩辛さに手こずりました。

水分を調節していくうちに、具材はどこいったー?!!ってなるくらい大量のお湯スープができたことも(苦笑

ブイヨンの画像

でも、味がピターっと決まると、自分って、実は料理が美味かったんじゃないかな?と錯覚してしまう味ができます。
とはいえ、慣れるまでは少々大変でした。

味の調節が大変という方は、塩なしキューブか、粉タイプの方が使いやすいかもしれません。

このブイヨンは、ご家庭によって味の感じ方が違うと思うので、ぜひ、少量使いから始めてみてくださいね。

今回ご紹介したのはこちら

購入サイトはこちら

購入したのは、アメリカのサイト、iHerb(アイハーブ)

初めて購入する方は、お友達紹介コード【 FVT188 】を入力すると初回10%オフになります!

\詳しい購入方法はこちらで解説してます/

iHerbの購入方法はこちら

\毎週木曜日に更新中です/

iHerbの今週のセール情報

iHerbで購入した、オススメ食品の記事も、よろしければご覧くださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • こんにちは!

    今回の記事、「うんうん。私もそう!アミノ酸等とか論外よね。わかるわかる。」と勝手に仲間意識を持ちながら読ませていただきました!(笑)
    その中で目が止まったのが、手作りベーコン!!思わず二度見ならぬ二度読みしてしまいました(笑)ベーコン、ハム、ウインナーと言えば添加物てんこ盛り加工食品。無塩せきのやつでも気がひける…。でも手作りなら添加物の「て」の字もなさそう!
    よかったらスズさん家の手作りベーコンレシピを教えてください(^^)♡
    塩漬けとか、燻したらするのかなぁ…?

    • うっちさま>

      こんにちは!コメントありがとうございます!!

      思わずコメントを見て笑ってしまいました(*´∇`*)
      そうですよねー。ベーコン、ハム、ウィンナーって、添加物だらけなのに、みんな大好きだから、大変ですよね(泣

      我が家もみんな大好きなので、なんとかならんものか・・と思いながら、キャンプの料理本を読んでいたら、ベーコンの作り方が載っていて、「家でもできる!」と閃きまして。それ以来、お家で作ってます。

      手作りベーコン、時間は1週間ほどかかりますが、作業自体は10分程度、焼き時間20分程度と、意外に簡単ですよー!!
      おっしゃる通り、塩漬けにして、燻製するだけです。

      準備物は、捨てる予定の深めの鍋、燻製から出た脂がチップにかからないようにするための網、アルミホイル、豚バラ肉(塊)、豚バラ肉の5%分の塩、1%程度の砂糖、お好きなスパイス、燻製チップだけです。

      ただ、鍋と鍋にぴったりの網を探すのが大変でした。私は、ちょうど捨てる予定だった、ルクルーゼの20cm鍋(長いこと使用していたら、底がパチンと派手に欠けたんです・・)と、100円均一で見つけた、鍋にぴったりサイズの網を使って、上げ底を作ってます。一度ぴったりのを見つけてしまったらあとは簡単、毎月2回以上、燻製してます(*´∇`*)
      燻製チップは、ホームセンターなどで、大量に入ったものが、500円くらいから販売しているかと思います。

      作り方をざっくりお伝えすると、豚バラ肉に塩・砂糖・スパイスなどを入れて1週間。お水に1時間ほど浸してから、3時間ほど乾かして、あとはアルミ、燻製チップ、アルミ(豚バラの脂が落ちて火を消さないように)、網、豚バラ肉、蓋をしてから、7分ほど強火。そのあと13分ほど弱火にすれば、できます♡

      時間はかかるけれど、手間はかかりません♪味もスパイスで微妙に変えられるので、みんな飽きずに食べてくれますよ。作ったら、薄く切って冷凍、日々のスープやチャーハン、朝の目玉焼きのお供など大量使いしてます。

      ちょうど一昨日作ったばっかりなので、すぐには難しいのですが、頑張って、記事にしてみますね。燻製に使っている赤かった鍋が、びっくりするほどタール色なのでなんともお恥ずかしいのですが・・(苦笑

      きっと、燻製チーズや、燻製卵、燻製干物など、お酒が好きな方がいらっしゃったら、やめられないと思います(*´∇`*)

      • 独身時代の食生活はなんだったんだ?ってくらい、子どもが生まれたことをキッカケにオーガニック生活になりまして、ホント息子には感謝です!
        息子はありがたいことに、ハムベーコンウインナーの魅力(?)に気付いてないので、今の所ねだられることがないのですが、幼稚園の給食で出てくるのでは?と思ってるので覚悟します!笑

        手作りベーコンのレシピありがとうございます!おっしゃる通り、時間はかかりそうですが、手順はややこしくなくて私でもできそうです!が、燻製ってしたことなくて…^^;「いぶり暮らし」という漫画を読んでから、燻製やってみたい!と思っているのですが中々手が出ない(°_°)
        燻製チーズ、燻製卵、名前だけでもヨダレでてきそうです(笑)これを機に燻製の勉強しようかな!(`_´)ゞ

        • うっちさま

          是非是非!ベーコン、手作りしてみてくださいー(*´∇`*)
          自分が作ったという喜びもあって、なんだか、むやみに美味しいですよー♡燻製ははじめるまでが大変なんですが、いざ始めたら、やめられません♪燻製チーズは、旦那さんも大好物ですよー。あと、シャケやナッツも、燻製にすると幸せ度がアップします♪

          そうですよねー。独身時代の食生活、今考えたら、私もムッチャクチャでした。忙しいからコンビニでお菓子を買うこともよくあったし、調味料なんて、割とどうでもよかったし。今、改めて成分を見たら、すごい勢いで化学調味料にまみれてたなぁと恐ろしくなります。家族って偉大ですね♡

          うっちさまのご子息くんが通う予定の幼稚園では、給食があるんですね。羨ましいです!!私たちは、毎日、お弁当で、格闘してました(泣

          それにしても、もう幼稚園なんですね。時間が経つのが早いです^^

コメントする

CAPTCHA


タップできる もくじ
閉じる