ホルモン剤や抗生物質を投与していない、放牧ヤギの乳からつくられた、Mt. Capraのヤギミルクパウダー

日本の脱脂粉乳などに使われる牛乳には、ホルモン剤(牛乳をたくさん摂るため)や抗生物質(乳房の化膿などを抑えるため)を使用したり、飼料に遺伝子組換えされたものを食べさせた牛の乳が使われることが多いのだとか。

摂取しても問題無いらしいとはいえ、できれば、自然に育ったミルクのほうがいいなぁと思い、飲み始めたのがこちら。

無農薬の草を食べ、放牧されて育った、ヤギの乳が使われたミルクパウダー。

スキムミルクよりも匂いに癖がありますが、パンやスープに混ぜたりと、かなり使えます♡

タップできる もくじ

ヤギミルクパウダーの特徴

ヤギ乳って、母乳に近い成分らしくて、栄養価が牛乳と比べて高い上に、消化吸収も早く、アレルギーなども起こしづらいんですって。

手に乗せた画像

内容量、453 g。森永スキムミルクが、だいたい185g入りなので、結構多く感じるかと思います。

セロファン部分の画像

蓋周りにはセロファンで囲まれています。

開封直後の画像

開封すると、密封シールなどはなく、すぐに飲める仕様になっています。

スクープの画像

しばらく気づかなかったのですが、ミルクの中に、スクープが隠れています。

飲み方

28 g(小さじ2杯)を8オンス(約226ml)のお湯に溶かしてください。よく振って冷ましてから飲みます。

はじめに少しだけお湯を入れて、溶かし込まないと、溶け残ります(笑

味の特徴

開封した直後の香りは、ふんわりと草の香りが感じられる、ミルク。

お湯に入れて、頑張ってシェイクした後に口に含むと、牛乳では無い、あっさり目の味と、少し感じる、不思議な香り。

動物園に行ったときに感じる青臭い香りが、ほのかにするんですよね。

私はもともと野生児なので、全く気にならなかったのですが、気になる方もいるかと。

スクープに救った画像

ミルクパウダーは溶けづらく、手で一生懸命混ぜても、ダマダマが残ります。

ミキサーで混ぜて、やっと飲みやすくなります。私は、冷やして飲むよりも、暖かい方が飲みやすく感じたかな。

ヤギミルクパウダーの画像

ちなみにこれは、私だけなのかもしれませんが、牛乳を飲むと、よくお腹がゴロゴロして、大変だったのですが、このヤギミルクパウダーは、あまりお腹を下すことが無いのですよね。不思議でした。

ミルクは自然な甘さで、思っていたよりも飲みやすく感じましたが、そのまま飲むよりも、ホットココア(レビュー)にする方が好きでした♡

その他、ホットココア以外にも、スキムミルクのように、コーヒーに入れたり、パンに入れたり、ヘルシーなシチューにしたりと、結構使えるので、あっという間に使い切ってしまいそうな勢いです♪

原料

粉末山羊乳

suzu*考

ココアパウダーと、ココナッツシュガーを入れた、ホットココアに、MCTオイルギーと一緒に飲むと、かなり腹持ちがよく、甘いもの食べたい感が減退するので気に入ってます♡

ヤギミルクパウダーの画像

iHerbでは、ドライミルクをたくさん販売しているのですよね。

更年期も気にしなくてはならなくなってきたお年頃なので遺伝子組み換えをしていない豆を使った豆乳パウダーも一度試してみたいと思ってます♡

今回ご紹介したのはこちら

購入サイトはこちら

購入したのは、アメリカのサイト、iHerb(アイハーブ)

初めて購入する方は、お友達紹介コード【 FVT188 】を入力すると初回10%オフになります!

\詳しい購入方法はこちらで解説してます/

iHerbの購入方法はこちら

\毎週木曜日に更新中です/

iHerbの今週のセール情報

iHerbで購入した、オススメ食品の記事も、よろしければご覧くださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる もくじ
閉じる