原料わずか4種類!しかもドレッシングにすると、子供たちが野菜を食べてくれるブラウンマスタード

我が家の娘たち、案の定、生サラダが苦手。

次女は、トマトが大好きなので、なんとなく、葉っぱも、もぐもぐと口の中に入れてしまうのですが、長女は、食事の最後まで残ります♪

仕方ないので、最近、手作りのゴマだれ、もしくは、お肉にかけて使うハニーマスタードのドレッシングを、お野菜にもかけてあげている我が家。

特にハニーマスタードは、甘酸っぱい味が好みなのか、お野菜を(たまに)お代わりしてくることもあるほど、好きらしいのですよね。

その、ハニーマスタードドレッシングに欠かせないのが、こちら。

酸味は強いのですが、はちみつと混ぜた時の甘酸っぱさがなんとも美味しい!

それでいて、ブラウンマスタードがつぶつぶしないし、辛味も少なめだから、子供が大喜びしてまして!

焼いたチキンにかけても、炒め物や、おからサラダにいれても、我が家では大人気なので、ご紹介いたします♪

タップできる もくじ

Eden Foodsのブラウンマスタードとは

エデンフーズは、1960年代後半にミシガン州南部で始まったブランド。

当時は、自然食品はなかなか入手できなかったので、お取り寄せして地元で販売したのが最初なのだそう。

その後、有機農法で食料を育てる農家と連携を取り、本格的なブランドを立ち上げたみたいですね。

日本とも関係を持ち、味噌、醤油、梅干し、米酢、みりんなどをアメリカに広めたのだとか。

マスタードの画像

今回お取り寄せしたのは、粒マスタード、255 g。

封部分の画像

密封シールで厳重に封がされています。

白い密封シール

開封すると白い密封シールが現れるので、それを取ると・・

粒マスタードの画像

香り豊かな、リンゴ酢がふわっと香る、粒マスタードが現れます。

ハニーマスタードの作り方

我が家のハニーマスタードの配分はこんな感じです。

原料
  • はちみつ:大さじ1
  • 粒マスタード:大さじ1
  • 醤油:小さじ1/2

これを、小さい深皿に入れて、混ぜるだけ。

慣れれば目分量でも大丈夫、長女一人でも作り上げます。

ちなみに、はちみつを、大さじ1と2/1に、少し増やして入れると、子供が喜びます。

ドレッシングに、炒め物に、さらだに!

このブラウンマスタードは、日本のカラシとは違い、開封すると、リンゴ酢の酸っぱい香りが漂います。

カラシを想像して購入すると違う?!って感じるかと。

実は、からしもマスタードも、黄色い花を咲かせる、アブラナ科の「からし菜の種子」なのですが、製造方法が違うんですよね。

日本でよく使われているカラシは、ツーンッと辛い「オリエンタルマスタード」の種を粉にし、水で溶いて練ったもの。

マスタードは、マイルドな辛さの「イエローマスタード」や「ブラウンマスタード」の種に、酢や砂糖、ワインなどを加えて造られたものなんです。

マスタードの種は、そのままでホールで使うバージョンと、粉砕されているバージョンがあります。

このエデンフーズのブラウンマスタードは、種が粉砕されているバージョン。

手に取った画像

だから、つぶつぶが口に当たらず、なめらかな舌触りになっています。

スプーンがスッと入っていくくらいの、柔らかいマスタード。

リンゴ酢が大量に入っているせいか、そのまま口に含むと、まずリンゴ酢の酸っぱさが感じられ、そのあと、後ろから追っかけてくるように、マスタードの辛味がわずかにツーンッときます。

酸味が強めの大人な味わいなので、このままだと子供は、何につけても食べません。

でも、先ほどの、ハニーマスタードを作ると、甘さが加わって、クセになる味になるのですよね。

Kettle Foods, ポテトチップス、ハニーディジョンがお好きな方なら、きっと、この、甘酸っぱい、不思議な味がクセになるかと。

まだまだお酢の酸味が苦手な子供たちも、この「甘酸っぱさ+わずかな辛さ」は大好きみたいで、ほんと、お野菜をなんとか食べてくれるようになってくれました。特に長女(泣

マスタードの画像

粒マスタードだけだと食べないけれど、ハニーマスタードにしたら、炒め物からサラダまで、何にかけても喜んでくれます。
ちなみに、旦那さんは、ソーセージをパンに挟んだホットドッグの上に、ケチャップと一緒にかけるのがお気に入り。

私は、惣菜パンや照り焼きピザを作るときに、薄く塗り広げています。

熱を加えると、リンゴ酢の酸味がほどよく柔らかくなり、少しだけ辛味もアクセントになって美味しいのですよね。

原料も体に優しいし、また無くなったら購入しようと思っています(*´∇`*)

原料

有機マスタードシード、有機リンゴ酢、水、海塩。

suzu*考

我が家では、子供達に野菜を食べてもらうのに、ドレッシングは欠かせません。

手作りゴマだれも人気ですが、長く同じ味で出していると、飽きるのか、食べなくなるんですよね、ほんっとにもうッ!

現在は、ハニーマスタードと交互に出してます。

マスタードの画像

他にもいいドレッシングがないかしらと、毎日思案中。

ちなみに、日本のような和カラシがお好きな方は、Colman’s, オリジナル・イングリッシュマスタードが、我が家的にオススメです。

200年の歴史を持つ老舗ブランドで、イギリス王室御用達らしいですよ。

あまり辛くないので、なんとか長女も、チョピッとだけ食べてくれるんですよね。

日本で販売しているカラシは、ツーンてなりすぎるから無理・・って方、よろしければ♪

今回ご紹介したのはこちら

購入サイトはこちら

購入したのは、アメリカのサイト、iHerb(アイハーブ)

初めて購入する方は、お友達紹介コード【 FVT188 】を入力すると初回10%オフになります!

\詳しい購入方法はこちらで解説してます/

iHerbの購入方法はこちら

\毎週木曜日に更新中です/

iHerbの今週のセール情報

iHerbで購入した、オススメ食品の記事も、よろしければご覧くださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる もくじ
閉じる