薬品を使わず、コールドプレス製法で作られた、ゴマの香り豊かなKevala(ケーヴァラ)のオーガニックトースト・セサミオイル

日本のスーパーなどで安く販売されているごま油は、ゴマを薬品で溶かした後、精製して薬品を除去する方法で作られていることが多いのだとか。

これを聞いてからは、怖くて、なるべくコールドプレス製法のごま油を購入しようと思っている私。

今回、美味しいなぁと思うごま油があったのでご紹介♪

トーストしたゴマを使っているせいか、味や香りは日本のかどやのごま油そっくり。

オーガニックゴマを使用した、USDAオーガニック認定ゴマ油で、香りが強いので、ドレッシングやナムルにと、香り付けにと、大量に消費してます♡

タップできる もくじ

有機ごま油の特徴

薬品を使用した溶剤抽出法の油は、健康被害が出ているわけではないのですが、ゴマがドロドロに溶かされてから抽出されたものだから、常温でも大丈夫な油。

香りはあるけれども、栄養素よりもカロリーだけ取っているという感じかしら。

手に乗せた画像

コールドプレス製法で作られたこちらのごま油は、内容量236ml。

密封シールの画像

蓋周りには、密封シールが巻かれています。

開封直後の画像

開封すると、何やら白いシールが貼られています。

蓋を取り除いた画像

蓋部分を取り除いてみると、白いシール部分がなくなり、少し焦りましたが、蓋の後ろにくっついておりました(笑。

蓋の後ろにくっついてた

液だれし易い容器なので、使用したあとに、必ず拭き取りが必要なのが難点です。

ごま油の感想

開封直後には、濃厚な焙煎ごま油の香りが、ふわーんと漂います。すごく良い香り!!

ごま油の画像

焙煎していないゴマを使用する、薄い色合いのごま油の方が、体には良さそうなのですが、香りまで薄いのが難点。

やっぱり、焙煎ゴマを使用したごま油の方が、私は好きなんですよね。

使われているゴマも、オーガニック。ゴマを育てている段階で、農薬などを使っていたら、結果的に体に負担をかけてしまいますものね。素敵です。

ごま油の瓶

せっかくコールドプレス製法で作られているので、我が家では、なるべく熱を加えずにナムルサラダや、中華料理系の最後の香り付けといった風に使いまくってます。

特にナムルサラダ。シンプルに、ごま油と酢、塩とメープルシュガーを少しだけ入れて作ったドレッシングが最高!

野菜嫌いの長女ですら、大量消費してくれるのですよね(*´∇`*)本当に気にってます。

原料

有機トーストごま

suzu*考

良いオイルは健康や美容にも良いというのは、肌で実感している私。

油を毛嫌いしていた時には、肌がカサカサなのに、顔は吹き出物だらけ・・ということが多かったのですが、

今は、吹き出物はほぼ無く、肌もしっとりとしてきています。

娘にも、オイルの重要性をきちんと教えていかなきゃと思っておる次第。

ごま油の画像

現在は、オリーブオイル、アボカドオイル、ギー、ココナッツオイルは必ず常備している、我が家。

ゴマ100%であっても薬を使用して溶かしているゴマ油はちょっと・・と思ったので、これからは、ごま油もコールドプレス製法に厳選して、購入していこうと思っています(*´∇`*)

今回ご紹介したのはこちら

その他のごま油一覧はこちら

Toasted(トースト)と書かれてあるものが、焙煎ゴマを使用したごま油です。

購入サイトはこちら

購入したのは、アメリカのサイト、iHerb(アイハーブ)

初めて購入する方は、お友達紹介コード【 FVT188 】を入力すると初回10%オフになります!

\詳しい購入方法はこちらで解説してます/

iHerbの購入方法はこちら

\毎週木曜日に更新中です/

iHerbの今週のセール情報

iHerbで購入した、オススメ食品の記事も、よろしければご覧くださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる もくじ
閉じる